所在地および営業時間

赤坂ショールーム
東京都港区赤坂7-1-1 青山安田ビル1階
港区赤坂
東京都
107-0052
赤坂ショールーム

赤坂ショールーム 営業時間

Monday 10:00 - 19:00
Tuesday 10:00 - 19:00
Wednesday Closed
Thursday 10:00 - 19:00
Friday 10:00 - 19:00
Saturday 10:00 - 18:00
Sunday 10:00 - 18:00
有明テクニカルセンター
東京都江東区有明1-5-3
東京都
135-0063
有明テクニカルセンター

有明テクニカルセンター 営業時間

Monday 09:30 - 18:00
Tuesday 09:30 - 18:00
Wednesday 09:30 - 18:00
Thursday 09:30 - 18:00
Friday 09:30 - 18:00
Saturday Closed
Sunday Closed
Close

You are using an outdated browser. Please update your browser to improve your experience.

【プレスリリース:グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードにてMcLaren 600LTを世界初公開 ~究極のパフォーマンスを持つ、世界最速のスポーツシリーズのテクニカルデータと画像も公開~】

2018.07.12

・最も軽く、最もパワフルで、最も速い、公道走行可能なスポーツシリーズのマクラーレンが、7月12日、英国のグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードでダイナミックなワールドデビュー
・600PSの最高出力と、620Nmの最大トルクが圧倒的な加速力をもたらし、0-100km/h加速はMcLaren 675LTに匹敵する2.9秒、0-200km/h加速は、わずか8.2秒
・フロント・スプリッター、サイドシル、エクステンドされたディフューザーおよび固定式のリア・ウィングなどからなる、エアロダイナミクス性能が優れた新たなカーボン・ファイバー製ボディの導入により、250km/hで走行中のダウンフォースがノーマルスポーツシリーズクーペに対し100kg増大
・オプションのClubsportおよびClubsport Proパックが、マクラーレン・スペシャル・オペレーションズ(MSO)を通じて入手可能となっており、これらのオプションにより、更なる車両重量の軽量化と、サーキット向けパフォーマンスの充実が可能
・ユニークなトップエグジットタイプのエグゾースト・システムや、2種類の新しい超軽量アロイホイールのデザインなど、McLaren 600LTでは、McLaren 570S Coupeと比べ約4分の1の部品を刷新
・マクラーレン・スーパーシリーズで導入された、鍛造アルミニウム製ダブルウィッシュボーン式サスペンションとともに、より強固なアンチロール・バーを採用。さらに最低地上高を8mm低くしたことで、ダイナミックパフォーマンスがさらに向上し、ドライバーとマシンとの一体感が新たな次元に
・ビスポークによる特別仕様のPirelli P Zero(TM) Trofeo Rタイヤもダウンフォースの増大に貢献しており、サーキットでのコーナリング・スピードはMcLaren 675LT以上を達成
・最新世代ブレーキの軽量キャリパー、カーボン・セラミック製ディスク、および McLaren Sennaで採用されたブレーキ・ブースターが、正確なペダルの感触と驚異的な制動力を実現し、200km/hから停止状態までの制動距離はわずか117m
・600LTはマクラーレンの「ロングテール(LT)」ストーリーの新たな章となるものであり、生産台数は限定
・現在、オーダー受付中

ラグジュアリーかつハイパフォーマンスなスポーツカーおよびスーパーカーのメーカーであるマクラーレン・オートモーティブは、本日、7月12日、2018年グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードにて、最も速く、最もパワフルで、最もサーキット指向が強く、かつ公道走行が可能な、マクラーレン・スポーツシリーズの新作「McLaren 600LT」を、世界初公開いたします。
公道でもサーキットでも優れた性能を発揮するように作られた、新しい600LTの登場は、マクラーレンの「ロングテール(LT)」ストーリーが新たな章に入ったこと、ならびにスーパースポーツカーの新たなパフォーマンス・ベンチマークが確立されたことを告げるものです。

マクラーレン・オートモーティブ最高経営責任者マイク・フルーウィット(Mike Flewitt)は次のようにコメントしています。
「新しいMcLaren 600LTは、最も先鋭的な性能を持つ、公道走行が可能なスポーツシリーズ・モデルで、エアロダイナミクスの最適化やパワーの増大、軽量化、サーキット走行を重視したドライビングダイナミクス、ドライバーとマシンとの一体感の向上といった、『McLaren LT』らしい特性を備えています。
20年以上の歴史のなかで『ロングテール』の名が冠されたマクラーレンは、この600LTを含めて4つしかありません。
今回の600LTは、スーパースポーツカーの性能に求められる基準を再定義するものであり、驚異的な加速力と、サーキットでの卓越したコーナリング・スピード、ドライバーとマシンとの類稀なダイナミックな関係性がその特徴となっています」

新しいMcLaren 600LTは、「圧倒的な性能により、ドライバーを徹底的に楽しませる軽量のスーパースポーツカーを生産する」という、マクラーレンの哲学を象徴しています。
3.8リッターV8ツインターボ・エンジンを最適化するエンジンマネジメントシステム、さらにエンジンがより効率よく吸気できるようにするために、McLaren Sennaよりも短く、より大胆なデザインになったトップエグジット型のエキゾースト・システムを採用。
これによる背圧低下により、600LTの最高出力は7,500rpmで600PS、5,500-6,500rpmでの最大トルクは620Nmを達成しています。
このような圧倒的なレベルのパフォーマンスが発揮されるため、0-100 km/h加速はわずか2.9秒で、高い評価を受けているスーパーシリーズ・モデルのMcLaren 675LTに匹敵する加速力となっています。0-200km/hは8.2秒という驚異的な数字で、最高速度の328km/hまで加速を維持させることができます。

McLaren 675LTモデルと、レースにおけるパイオニアである「ロングテール」McLaren F1 GTRの流れを汲む、LTファミリーの今回の新モデルは、エクステンドされたフロント・スプリッターやリア・ディフューザー、固定式のリア・ウィング、スリムなシルエットといった、マクラーレン「ロングテール」の物理的特徴をすべて備えており、全長はMcLaren 570S Coupeより74mm長くなっています。
このユニークなボディによってエアロダイナミクス性能が最適化され、さらに600LTのフラットなカーボン・ファイバーのフラットボトムとの相互作用により、250km/hで走行時のダウンフォースが100kg増大し、グリップと高速での安定性が向上しています。これは、サーキットで優れた性能を発揮するための重要なファクターとなります。

同様のアルミニウム製シャシーに比べて剛性が25パーセント程度向上しているモノコック・シャシーや、新たなエアロダイナミクス装備でのカーボン・ファイバーの積極的な採用、ならびにサーキット指向のコックピット全体にわたる軽量素材の装備により、McLaren 600LTは、乾燥重量が1,247kgまで削減されており、その際のパワー・ウェイト・レシオは2.08Kg/PS となっています。
また、McLaren Senna用に改良されたオプションの超軽量のカーボン・ファイバー製レーシング・シートをご使用いただいた場合の600LTの重量は、570S Coupeに比べて100kg軽くなっており、この重量削減は600LTのあらゆるパフォーマンスの向上をもたらしています。

McLaren 600LTを更に軽量化することをご要望されるカスタマーには、マクラーレン・スペシャル・オペレーションズ(MSO)が提供する、MSO ClubsportまたはMSO Clubsport Proパックをお選びいただくことができます。
MSO Clubsportパックには、超軽量カーボン・ファイバー製レーシング・シート、エクステンドされたギアシフト・パドルとステアリング・ホイールのスポーク、軽量素材を採用したスイッチとIRISディスプレー周辺の素材などで構成されたカーボン・ファイバー・インテリア・アップグレード、カーボン・ファイバー製のルーフとカントレイル、グロス仕上げのビジュアル・カーボン・ファイバー・フェンダー・ルーバー、およびチタニウム製のホイール・ボルトが含まれています。MSO Clubsport Proパックは、ブラック、ブルー、レッドまたはマクラーレン・オレンジのいずれかのカラーのMSO特製ハーネス・バーと6点式レーシング・ハーネスが追加されています。
*詳しい生産時期、オーダー方法はマクラーレン正規販売店にお問い合わせください。

マクラーレンの「ロングテール」モデルに共通するテーマは、ドライバーとマシンとの一体感およびドライブの感動を究極まで高め、ドライバーにこのマシン独自のダイナミックなパフォーマンスをドライバーの意志通りに楽しんでいただくことです。
McLaren 600LTの開発のあらゆる部分に息づいているこの精神は、マシンとドライバーとの関係をできるかぎりピュアなものにするという明確な開発方針でもあります。
そのため、600LTのサスペンション・コンポーネントはMcLaren 720Sより軽く、ソリッドになっていて、鍛造アルミニウム製ダブルウィッシュボーンとアップライトの採用により、ダイナミックパフォーマンスが向上しているだけでなく、重量も10.2kg削減されています。
最低地上高は、スポーツシリーズの他のモデルに比べて8mm低くなっており、フロント・トレッドが10mmワイドになっているため、より正確なドライビング・エクスペリエンスを得ることができます。
マクラーレンのすべてのスポーツシリーズ・モデルに搭載されている、独立式の可変アダプティブ・ダンパーとフロントおよびリアのアンチロール・バーは継承されていますが、新しいサスペンションのジオメトリと連動させるため、また600LTに求められるサーキット指向の性能を生み出すために、大幅な改良が加えられています。

また、軽量のアルミニウム製キャリパーと剛性に優れたカーボン・セラミック製のディスクを採用した、マクラーレン・スーパーシリーズのブレーキ・システムを採用することにより、重量が4kg軽くなったのに加え、McLaren Sennaでの経験をもとにして開発された、まったく新しくなったブレーキ・ブースターとの組み合わせによって、ブレーキ中のペダルの感触と反応が大幅に向上し、200km/hから停止状態までの制動距離は117mと、McLaren P1(TM)より1m長いだけとなっています。

2種類ある、超軽量アルミアロイホイールのデザインは、標準装備が10スポークで、5本スポークへの変更も可能となっています。いずれもスポーツシリーズのマクラーレンに装備されるホイールとしては最軽量で、このバネ下重量の削減は、McLaren 600LTのダイナミックな特性に大きく寄与しています。

マクラーレンのテクニカル・パートナーであるピレリと共同開発された、ビスポークによる特別仕様のP Zero(TM) Trofeo Rタイヤは、スポーツシリーズのモデルに初めて装備されるもので、サーキット指向のユニークなタイヤは、McLaren 600LTのダイミックパフォーマンスの向上に欠かせないファクターとなっています。マクラーレンの代名詞とも言える、すばやく、鋭いステアリング・フィールとリアアクスルの安定性をさらに向上させることを目的として作られた、超高性能タイヤは、たとえ路面状態が完璧でなくても、路面とのコンタクトパッチが一定に保たれ、コンプライアンスとグリップが向上されるように、サイドウォールの構造が通常よりソフトになっています。またTrofeo Rタイヤのベルト構造は、以前のスポーツシリーズのものより硬く設定されており、横加速度とコーナーリング性能が改善されています。

McLaren 600LTのコックピットは、重量削減と、ドライバー重視の環境作りの両方に焦点を当てたものとなっています。
軽量のアルカンターラ(Alcantara (R))のトリム素材が、全体に多く使用されており、ドライバーとパッセンジャーのフットウェルと、シート下のカーペットを省くことで、5.7kgの重量削減を実現しました。さらにMonoCell IIシャシーの構造も、カーボン・ファイバーの美しさを残したまま、仕上げがなされています。
グローブボックスは取り外され、ドアポケットの代わりに軽量のネットが取り付けられています。エアコンディショニング、ナビゲーションおよびオーディオシステムは、すべてノンコストのオプションとして追加することが可能です。McLaren P1(TM)で初登場し、その後のMcLaren 675LTでも使用された、カーボン・ファイバー製のレーシング・シートも標準装備されており、これだけでも重量が21kg削減されています。

600LT Coupeは、2018年10月より、およそ12か月間にわたり生産予定で、既存のスポーツシリーズとスーパーシリーズ、ならびに全車オーナーが決まっているSenna、Senna GTRおよびBP23の生産スケジュールを調和させ生産が行われます。生産台数は厳密に制限され、スペシャリストの技による、精密な仕上げのカーボン・ファイバー製ボディパネルも、この「ロングテール」が他のスポーツシリーズのモデルと一線を画す理由となるでしょう。
現在、600LT Coupeはマクラーレン正規販売店よりオーダー可能となっています。

McLaren 600LTの詳細は、以下のウェブサイトをご参照ください。

http://clk.nxlk.jp/ujMcrbgi 

 

※超軽量のカーボン・ファイバー製レーシング・シートのオプションをご追加いただいたときの重量になります。
※この資料は2018年7月11日に英国で発表された報道資料の翻訳です