所在地および営業時間

赤坂ショールーム
東京都港区赤坂7-1-1 青山安田ビル1階
港区赤坂
東京都
107-0052
赤坂ショールーム

赤坂ショールーム 営業時間

Monday 10:00 - 19:00
Tuesday 10:00 - 19:00
Wednesday Closed
Thursday 10:00 - 19:00
Friday 10:00 - 19:00
Saturday 10:00 - 18:00
Sunday 10:00 - 18:00
有明テクニカルセンター
東京都江東区有明1-5-3
東京都
135-0063
有明テクニカルセンター

有明テクニカルセンター 営業時間

Monday 09:30 - 18:00
Tuesday 09:30 - 18:00
Wednesday 09:30 - 18:00
Thursday 09:30 - 18:00
Friday 09:30 - 18:00
Saturday Closed
Sunday Closed
Close

You are using an outdated browser. Please update your browser to improve your experience.

【マクラーレン・スペシャル・オペレーションズ(MSO)から720Sの新しいビスポーク・バージョンTrack ThemeとPacific Themeが登場 】

2018.08.25

・マクラーレン・スペシャル・オペレーションズ(MSO)にて、2017年ジュネーブ国際モーターショーにて公開されたMcLaren 720Sの、2つの新しいビスポーク・バージョンを提供開始
・新たに加わるビスポーク・バージョンは、Track ThemeとPacific Themeの2種類。2017年にジュネーブで発表されたVelocityに続くバージョン
・ビスポークのボディ・ペイントや、サテンとティンテッド仕上げのカーボン・ファイバーが、2018年レッドドット・デザイン賞においてベスト・オブ・ザ・ベスト賞を受賞した、McLaren 720Sのデザインをより魅力的にアピール
・お客様のご要望をかなえるため、MSOでは、際限のないカスタマイゼーションが可能
 
 
 
マクラーレン・スペシャル・オペレーションズ(MSO)は、McLaren 720S用の2つの魅力的な新しいビスポーク・バージョンの提供を開始いたします。720S Pacific Themeと720S Track Themeは、2017年ジュネーブ国際モーターショーで話題を集めた720S Velocity Themeと同じシリーズです。そして、今月末にイギリスで行われるイベント”Salon Prive”およびBlenheim Palace Classic & Supercarにて、この2つのビスポーク・バージョンの展示を予定しています。
 
McLaren 720Sは、3つの仕様の標準パッケージがオーダー可能で、MSOディファインドオプション、あるいはMSOビスポークを通して、さらなるカスタマイズも可能となっています。マクラーレン・スーパーカーのさまざまな特性を向上させた720S Track Themeは、McLaren Formula 1を思わせる、アニバーサリー・ホワイトのボディ・ペイントを用いたデザイン、Pacific Themeは、720Sの洗練された機能美を表現したデザインとなっています。
 
マクラーレン・スペシャル・オペレーションズのマネージング・ディレクター、アンサー・アリ(Ansar Ali)は次のようにコメントしています。「720Sは、標準仕様でも、あらゆる面で類を見ない特別なマシンですが、マクラーレン・スペシャル・オペレーションズを通して、お客様それぞれの希望にそったカスタマイズを施すことによって、よりスペシャルなマシンにしていただけます。720S Velocityは発表当初より大きな反響を呼びましたが、今回新たに2つのバージョンを追加したことで、よりお客さまのご要望に応えることができるサービスをMSOで提供することが可能となりました。」
 
720S Track Themeと720S Pacific Themeは、それぞれのデザイン方針にそって作られています。MSOの緻密な技術によって作られた、特別なカラーとトリムが特徴の今回のビスポーク・バージョンは、2018年のレッドドット・デザイン賞において「ベスト・オブ・ザ・ベスト賞」を受賞したMcLaren 720Sの特徴である、彫刻的な美しさ、技術面での妥協のなさ、およびエアロダイナミクスでのイノベーションを視覚的に強調したものとなっています。 
 
最初の720S Track Themeは、マクラーレン・マンチェスターを通じて依頼され、MSOビスポークのエクステリア・カラーである、アニバーサリー・ホワイトで仕上げられています。このカラーは、80年代に選手権で優勝したMcLaren Formula 1マシンから着想を得ています。ボンネットやドア、リアのクォーターパネル、エアブレーキといったエクステリアは、2017年からMcLaren Formula 1のシンボルカラーとなっているタロッコ・オレンジとカーボン・ブラックでハンドペイントされています。グロス・ブラックのホイールのアウターリムも同じくオレンジでカラーリングされ、ミラー・キャスティングに配されたスピード・キーウィのロゴがデザインのアクセントとなっています。
 
エクステリアおよびインテリアのカーボン・ファイバー製コンポーネントは、すべてサテンフィニッシュで、軽量化に貢献するとともに、オーセンティックなスポーツ・スピリットをアピールしています。キャビンには、コントラストの利いたマクラーレン・オレンジのステッチが入った、ジェットブラックのアルカンターラ(R)を使用。ハーネス・バーは、スチール製のものより重量を50%削減できる、チタニウム製が採用されており、サーキットでの使用を想定した、6ポイントハーネスシートベルトが装備されています。 
 
720S Pacific Themeは、マクラーレン・グラスゴーより依頼されたもので、世界でもっとも広く深いオーシャンからヒントを得た、ブルーのカラーにペイントされています。ボディ・ペイントは、現在のMcLaren Formula 1に使用されているカラーと同じセルリアン・ブルーで、ドアのインテークには、より色の濃いエストリルブルーが使われています。さらに、こちらもMSOならではのティンテッド仕上げのカーボン・ファイバー製コンポーネントを始め、ルーフやフロント・スプリッター、エア・インテーク、ミラー・キャスティング、リア・ディフューザー、リアのデッキとバンパー、エンジン・カバーには、コバルト・ブルーのティンテッド・カーボンが使用されています。
 
720S Pacific Themeのインテリアには、ビスポークのブルーのインサートとコントラストの利いたステッチがあしらわれたシートが装備されています。さらに、ステアリング・ホイールのセンター・バンドは、淡いブルーにカラーリングされています。両方のマシンには、MSOが手がけたことを示すプレートがキャビンに付けられ、MSOによるビスポークのマシンというステータスを際立たせています。