所在地および営業時間

赤坂ショールーム
東京都港区赤坂7-1-1 青山安田ビル1階
港区赤坂
東京都
107-0052
赤坂ショールーム

赤坂ショールーム 営業時間

Monday 10:00 - 19:00
Tuesday 10:00 - 19:00
Wednesday Closed
Thursday 10:00 - 19:00
Friday 10:00 - 19:00
Saturday 10:00 - 18:00
Sunday 10:00 - 18:00
有明テクニカルセンター
東京都江東区有明1-5-3
東京都
135-0063
有明テクニカルセンター

有明テクニカルセンター 営業時間

Monday 09:30 - 18:00
Tuesday 09:30 - 18:00
Wednesday 09:30 - 18:00
Thursday 09:30 - 18:00
Friday 09:30 - 18:00
Saturday Closed
Sunday Closed
Close

You are using an outdated browser. Please update your browser to improve your experience.

マクラーレン・オートモーティブ、サーキット専用McLaren Senna GTRのコンセプトをジュネーブ・モーターショーで発表

2018.03.06

・500台限定生産のMcLaren Sennaはデビュー前に完売 McLaren Senna GTRの生産を発表

・ 最大75台のサーキット専用マシンが生産され、1台の価格はおよそ100万ポンド

   (UK国内税別暫定価格)
・公道走行が可能なMcLaren Sennaに比べ、さらなるパワーおよびトルクの増大と、

 1,000kgに達するダウンフォースを実現し、Formula 1を除くマクラーレン最速のラップ

 タイムを記録

・McLaren F1 GTRとMcLaren P1(TM) GTRという伝説の系譜を継承

 

英国のラグジュアリー・スーパー・スポーツカー・メーカーであるマクラーレン・オートモーティブは、アルティメットシリーズの新モデルMcLaren Sennaのサーキット専用バージョンの投入を予定しています。このサーキット専用バージョンは、McLaren Senna GTRと名付けられます。

 

本日(2018年3月6日)、ジュネーブ・モーターショーで明らかになるMcLaren Senna GTRのコンセプトについて、マクラーレン・オートモーティブ最高経営責任者のマイク・フルーウィットは、このマクラーレン史上最も究極のパフォーマンスを持つマシンの生産台数は最大75台で、2019年に英国サリー州ウォーキングのマクラーレン・プロダクション・センターにおいて手作業で組み立てられる、と語りました。

「サーキットで優れたパフォーマンスを発揮するのが、マクラーレン・ブランドの伝統の根幹であり、今日に至るまで、その事を重要視する姿勢に変わりはありません。サーキット専用のMcLaren Senna GTRは、McLaren Sennaに比べてパワー、グリップ、ダウンフォースが向上しており、ダウンフォースは最大で1,000kgにも達し、マクラーレン史上最速のラップタイムも記録しています。このマシンを手に入れることのできるごく少数のお客様は、サーキットのグリッドに実際に並ばなくても、レースカーで得られる最上の経験を得ることができるのです」とフルーウィットは話しています。

 

ジュネーブ・モーターショーでは注目と関心を得られることが確実なMcLaren Senna GTRですが、詳細なテクニカルデータは今年の後半に明らかにされる予定です。トップクラスのサーキット・カーに求められる、コアの強度と剛性を確保するために、McLaren Sennaと同じカーボンファイバー製 Monocage III構造が採用されているMcLaren Senna GTRは、乾燥重量も最軽量のロードカーであるMcLaren Sennaと同じ1,198kgです。4.0リッターV8ツインターボ・エンジンが生み出すパワーとトルクは、公道走行が可能なMcLaren Sennaの800PSおよび800Nmからさらに向上して最高出力は少なくとも825PSに増大し、直線でのスピードは「スタンダード」のモデルより速くなります。サーキット専用トランスミッションと改良されたダブルウィシュボーン式サスペンション、Pirelli製スリック・タイヤがもたらすさらなる効果により、ダウンフォースは最大1,000kgに達します。それにより、McLaren Senna GTRは、Formula 1以外では、マクラーレン史上最速のラップタイムを記録することになります。

 

McLaren Sennaで最も顕著に現れている「フォルムは 機能に従う(Form follows function)」というマクラーレンのデザイン哲学は、まさに文字通り、McLaren Senna GTRに理想的なプラットフォームをもたらしています。McLaren Senna GTRは、トレッドが広くなり、フロントとリアのフェンダーが新しくなるほか、カーボンファイバー製のボディもよりシンプルになっています。フェンダーと他のエアロダイナミクス・コンポーネントはコックピットに「クリップオン」されているような設計で、簡単にモディファイが可能です。さらにホイールのデザインも、サーキットでの使用を想定した新しいものです。

 

McLaren GTRコンセプトのフロント・スプリッターは、ロードカーに比べて大きく、フロントのエアロダイナミクス性能を向上させる役割を果たしています。同様に、リアのディフューザーも大きく、長くなり、より後ろまで伸びています。
リアデッキは、マクラーレンの中で最も低い位置にあり、エアロダイナミクス性能とクーリング機能を向上させているほか、アクティブ・リア・ウィングの性能を最適化します。

 

ドアのデザインはエアロダイナミクスの効率性を向上させる働きも持ち、外部のパネルがクルマの中央に向かって可能なかぎり「押し込まれる」設計となっているため、エアフローをより理想的な状態に保つことができます。また、ロードカーのMcLaren Sennaとは異なり、McLaren Senna GTRでは、ポリカーボネートの「チケット」ウィンドウが採用されています。

マクラーレンのエンジニアリング・ディレクター、ダン・パリー・ウィリアムズは次のように述べています。「McLaren Sennaは、当初より、公道とサーキットの要件すべてに留意して設計されました。そのため、GTRバージョンの開発は最初のプロジェクトを発展させる形となりました。ジュネーブで公開されるMcLaren Senna GTRのコンセプトは、最終形ではありませんが、このマシンについての我々の思想がはっきりと分かるものです。この考えを通すことにより、長い間なかった、あるいは過去にはなかった究極のパフォーマンスを有する、最も刺激的なドライブができるマクラーレンが生まれることになります」

 

マクラーレン・オートモーティブでは、あらゆるレンジのマシンを通じて、お客様にサーキットで走行する経験を提供するための施策に注力しています。


このPure McLarenサーキット・イベント・プログラムの一環として、ワンメイク・レースのシリーズを立ち上げ、マクラーレンのオーナー様が少なくともD級の国際免許を持っていれば「アライブ&ドライブ(arrive and drive)」のパッケージをフルに利用して、570S GT4でレースに参加できるようになっております。これらの多様なモータースポーツ活動をサポートするために、マクラーレンのモータースポーツ用モデルの販売およびメンテナンスを専門とするマクラーレン・リテーラーのネットワークが構築されており、まずはヨーロッパ、北米およびアジア太平洋地域の10リテーラーがこのネットワークに参加しています。

 

McLaren Senna GTRの詳しい情報と画像は、
http://clk.nxlk.jp/eSg5p7KJで
ご覧いただけます。また、Pure McLarenカスタマー・トラックデイの詳細は
cars.mclaren.com/experiences/pure-mclarenに掲載されており、プログラムに
組み入れられているワンメイク・レース・シリーズの情報は
cars.mclaren.com/experiences/pure-mclaren/gt-seriesでご覧いただけます